全身脱毛ならばニードル脱毛一択でしょ!

全身脱毛ならばニードル脱毛一択でしょ、なんて言う人が現代にいたら私はびっくりしてしまいます。ニードル脱毛が一般的だった時代なら百歩譲ってそういう意見も正しいかもしれませんが、今の時代その考えはナンセンスです。現代の主流は光脱毛です。

 

光脱毛に使われる光の利点は、メラニン色素に反応して熱をもつことと距離が離れるほど拡散するという性質です。

 

この性質があるために、肌になるべくダメージを与えずに尚且つスピーディに広範囲を処理することが実現できているのです。対してニードル脱毛は、毛穴に直接特殊な針を挿し、そこに電流を流すことによって毛根を凝固させるという脱毛方法です。

 

利点としては効果が非常に高いことが挙げられますが、毛穴ひとつひとつに針を挿すという性質上施術にはとても時間がかかりますし、施術をする人もされる人も負担が大きいというデメリットがあります。また方法の説明を読んだだけでも分かるように、鋭い痛みを伴うのも特徴です。時間もかかってさらに痛みもある、ニードル脱毛がいかに全身脱毛に向いていないかお分かりいただけたかと思います。